スリープ&アンガーマネジメント ~勇気と希望のアンガーマネジメント・ドクター ブログ~

良質な睡眠と感情整理術で人生が変わる! アンガーマネジメント・コンサルタントでもある睡眠専門医が快適生活のためのヒントを伝授します。

怒りは手段

f:id:angerdoctor:20160713144920j:plain

こんにちは❣ 勇気と希望のアンガーマネジメント・ドクター、ひこにゃんです。今回もよろしくお願いいたしますm(_ _)m

今日はちょっと変わったことをして遊んでみませんか?
今から、僕はあなたのパートナーになります。
嫌ですか? まあ、これは遊びですから、深く考えずにお願いします。
あなたが女性なら、僕が彼氏か夫。あなたが男性なら、僕は彼女か妻。
やっぱり嫌ですか? まあまあ、これはアンガーマネジメントの遊びですから、怒らずに付き合ってくださいな(≧∇≦)
さて、嫌がられながらあなたのパートナーに成り上がった僕ですが、さらにとっても時間にルーズな人だったとします。あなたは僕に「時間を守って欲しい」と思っています。あなたは、「時間を守って欲しい」を、どう僕に伝えますか?
少し考えてみてくださいね。
・・・
・・・
・・・
いろいろ考えてくださいましたね。ありがとうございます。
次に、ちょっと変なお願いをしますね。
「時間を守って欲しい」を、【怒りながら】僕に伝えるとしたら、どんな風になりそうですか? 
うわ、そ、そんなに怒んないで〜
・・・
・・・
・・・
ありがとうございます。
さらに変なことを聞きますね。
「時間を守って欲しい」を【喜びながら】伝えることって、できそうでしょうか?
【喜怒哀楽】っていう言葉がありますが、「時間を守って欲しい」を【悲しみながら】伝えるとしたら、あるいは【楽しみながら】伝えるとしたら、どんな風になると思いますか?
・・・
・・・
・・・
思いつきましたか?
難しかった?
実はこれって、「振る舞い」で考えたら、わかりやすくなりますよ。
【喜びながら】って、振る舞いとしては、「はしゃぐ」とか、「甘える」になります。だから、はしゃいだり、甘えながら「ひこにゃ〜ん、時間守ってるれると嬉しいな〜❣️」が、【喜びながら】になりますね。
【喜怒哀楽】は、どれも感情です。感情は、「時間を守って欲しい」というような【要件】を効果的に伝える手段なんです。「時間を守って欲しい」という要件を単に伝えるだけであれば、紙にでも書いて貼っておけば、まあ伝わらなくはないですね。僕たちがそうしないのは、感情という伝達手段を使えばより効果的に相手に伝わる、と信じているからです。
【怒り】のような強い感情を使って要件を伝えるときに、特に注意しないといけないのは、うまく使わないと【怒りながら】だけが相手に伝わって、肝心の「時間を守って欲しい」という【要件】が伝わらない場合がある、ということです。
それと、【怒りながら】以外の伝え方が思いつかなかった、という方は、何かを伝えるときに【怒り】ばかりを使っていたり、他の感情を使った方がうまく伝わる、ということに気づいていないのかもしれません。
【怒り】以外の感情の使い方も少し練習してみると、コミュニケーションがすごく変わるかもしれませんよ(^^)

さあ、それでは、【楽しみながら】「時間を守って欲しい」、やってみましょう(((o(*゚▽゚*)o)))
「ひこにゃ〜ん、時間通り来てくれたら、チューしてあげよっかなー❣️ それから、一緒に遊びに行こ^_−☆」
え? 絶対嫌ですか? 残念〜;^_^A
【怒りは手段】、時々思い出してみてくださいね(≧∇≦)

これからも、勇気と希望のアンガーマネジメントを、皆さんとシェアしていければと思います。
最後までお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _)m