スリープ&アンガーマネジメント ~勇気と希望のアンガーマネジメント・ドクター ブログ~

良質な睡眠と感情整理術で人生が変わる! アンガーマネジメント・コンサルタントでもある睡眠専門医が快適生活のためのヒントを伝授します。

おさるのポーズ+(プラス)

こんにちは❣ 勇気と希望のアンガーマネジメント・ドクター、ひこにゃんです。今回もよろしくお願い致しますm(_ _)m


アンガーマネジメントを実践しだしてから大きく変わったことに、「人付き合いの幅が広かった」ということがあります。
アンガーマネジメント・ファシリテーター友達との付き合いが増えたというのもありますし、実はアンガーマネジメント自体に友達を増やす効果があります。
アンガーマネジメントの友達倍増効果についてはおいおい書かせていただきますが、増えた友達の一人に、東洋医学にやたら詳しいお医者さん、という方がおられます。
自慢ではありませんが、僕は東洋医学に関しては全くの素人。漢方薬とか多少は使いますが、まあ「多少は」というレベルです。そんなある日、その東洋医学の大家とお話をしていて、【感情を整える経絡(ツボ)】の話になりました。

【感情を整えるツボ】やて?
さあもう逃しまへんえ~(なぜか京都弁)

ひこにゃん「センセ、怒ったときのツボ、教えて、教えて、教えて〜(*^◯^*)」
あまりの食いつきの良さに、思わず後ずさりする東洋医学の大家…躙り寄る僕。

東洋医学の大家「仕方ありませんなぁ。では、1つだけ・・・」

そう言いながら大家がとったのがイラストのポーズっ!(◎_◎;)

f:id:angerdoctor:20160720070711j:plain


おい・・・
マジか。
まるっきり【おさるのポーズ】じゃないですかっ(´Д` )

東「これは【百会 ひゃくえ】という精神安定効果抜群の経絡で、イーツとなったときには特に有効でしてな・・・」

そりゃまあ、そうかもしれませんけど。
・・・恥ずかしくないですか?
確かに、笑いを取れるかもしれませんが。笑いを取るの大好きではありますが・・・

「この人、怒りでとうとうおかしくなっちゃった(´Д` )」と心配されるのも、なんだか少しがっかり感がありますよね。

大丈夫❣
マカセナサーイ(≧∇≦)
一瞬ムッとした僕ですが、慌てず騒がず、さらにこうお願いしてみました。

ひ「いや〜、これが怒りのツボなんですかー。勉強になりました❣ ついでに、できれば周りに人がいても恥ずかしくないような、相手にバレずに感情を整えられるツボもあれば、さらに嬉しいんですが〜(^^)」
心の声(ちょうど今みたいな場面で使えるやつね;^_^A)

東「そうか。では、パニックみたいになって、イーッとなった時に最適な、別の経絡を授けましょう。その名も【神門 しんもん】と言いましてな…」

おお。

ナイス。
これならバレない(≧∇≦)
思わず【神門】を押さえて「イーッ」となるのをやり過ごしつつ、まだまだ続く東洋医学の大家のありがたい蘊蓄に耳を傾けたのでした。

ごく簡単に言えば、【百会】は、頭のてっぺん。つむじの場所。【神門】は手首の小指側にあります。
ツボの正確な位置は、ネット検索ですぐに調べられますよ・・・って、ツボの説明これだけかい!

不親切なブログですみません;^_^A

アンガーマネジメントは、米国生まれのモダンなスキルですから、【ツボ押し】は本来のスグレ技には含まれていません。とはいえ、大事なことは「イーッ」となったときに【6秒待つ】ことでしたよね。であれば、【6秒待つ】ための手段が【ツボ押し】であったとしても、一向に差し支えないわけです。
しかもこれ、意外に皆さんに好評なんですよ。

【神門】は、僕の専門であるメンタル疾患の、例えばパニック発作のコントロールにも有効です。
人前ではちょっと恥ずかしい【おさるのポーズ 百会】も、いわゆる「思い出し怒り」には結構有効らしくて、東洋医学の大家センセに感謝しつつ、まるで自分の発案であるかのように皆さんに伝授しているのでした(^^)
【おさるのポーズ+】、機会があれば、是非お試しを❣
これからも、勇気と希望のアンガーマネジメント・スキルを、お伝えしていきますね。
最後までお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _)m