スリープ&アンガーマネジメント ~勇気と希望のアンガーマネジメント・ドクター ブログ~

良質な睡眠と感情整理術で人生が変わる! アンガーマネジメント・コンサルタントでもある睡眠専門医が快適生活のためのヒントを伝授します。

アンガーマネジメント やってます

f:id:angerdoctor:20160727082508j:plain

こんにちは❣ 勇気と希望のアンガーマネジメント・ドクター、ひこにゃんです。今回もよろしくお願い致しますm(_ _)m

僕がアンガーマネジメントを始めたのは今から3年前のことでした。
アンガーマネジメントを学び、これなら続けられそう、と感じた僕は、会う人会う人、みんなに「アンガーマネジメントやります宣言」をしてまわりました。
思い出すなあ…

ひこにゃん 「あのな。今日から僕、アンガーマネジメントやるから」
スタッフ  「はいはい、忙しいからまたにしてください」

ひ 「今日から僕、アンガーマネジメントやるから」
わが家の女神様 「また変なこと始めたん? 早めに飽きてや」

ひ 「アンガーマネジメントやる」
ツレ 「はあ? お前のどこ押しゃ、怒りのマネジメントなんて出てくんの? 止めとけ。ストレスで血ぃ吐くぞ」



ご挨拶ですね、みなさん。
そりゃまあ仕方ない。それまで散々僕の【怒り】に振り回され続けてきたんですから、突然【怒りをマネジメントする】なんて言われたら、何か冷酷に怒られそうで、かえって怖いですよね;^_^A

ひこにゃん 「まあ気長にやるから、よろしく頼むわ」
スタッフ・女神・ツレ 「はいはい、ご勝手に」

おお、なんと生暖かい声援。宣言数秒後にして心がペキポキ折れそうです。

さあ!
さあ、さあ、さあ、さあ!
どうする?

これからアンガーマネジメントを始めてみようとする皆さんに、愛を込めてお贈りするのがコレ❣

<アンガーマネジメント やってます>

これを、言い続けましょう。
実際にはマネジメントできてないことがあってもいいし、どうでもいいことで怒ってしまっても構いません。怒れなくて後悔しても、問題ありません。
とにかく【アンガーマネジメント やってます】と言い続けるんですよ!

僕がアンガーマネジメントを続けている限り、すべてのアンガーマネジメントの失敗は、【貴重な経験】ですし、僕は【アンガーマネジメントの習得に向けて努力している人】です。
僕がアンガーマネジメントをやめてしまえば、僕は【失敗を繰り返してアンガーマネジメントをやめた人】になってしまいます。

大事なことは、失敗してもいいので、【やめた、と言わない】ことです。

スタッフ 「あんなことくらいで腹立てて、どこがアンガーマネジメント?」
女神 「アンガーやりだして、変になったね」
ツレ 「ちゃんと怒らんかい、この根性なし!」

失敗して、いろいろなご意見・ご批判・お叱りをいただいても、【アンガーマネジメント やってます】と言葉にすることで、また元の自分に戻れます。
やめないで続けてきた結果が見え始めたのは、ほんの数ヶ月前のことなんですよ〜

スタッフ 「アンガーマネジメント勉強しようと思ったら、どの本から読んだらいいですか?」
女神 「私も、アンガーの講座受けてみようかなぁ」
ツレ 「あのさ、お前のやってる、あの例のアンガーなんとかって、どんなもんなん?」

こんな風に聞かれることが、増えてきましたよ〜(≧∇≦)

ウホ、嬉しい!

人は、変わることを決意しただけでは変われません。変わるには、変化を続ける仕組みが必要です。仕組みを作っておかないと、すぐにもとに戻ります。

これが【習慣の圧力】というものです。運動、禁煙、ダイエット、勉強・・・なんでもそうですね。

特に、【感情】のように形として見えにくい習慣に変化を与えるのは難しい。誰にも知られずに始めて、誰にも知られずにやめてしまえるからです。

【新しい習慣を続けている】って、周りにアピールし続けることは、実際にその習慣を続けるための強力な仕組みになります。なんてったって、言うだけなら簡単です(^^)

 

【アンガーマネジメント やってます】。僕と一緒に、言い続けてみませんかぁ?

これからも、勇気と希望のアンガーマネジメントを、お伝えしていきますね。
最後までお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _)m