スリープ&アンガーマネジメント ~勇気と希望のアンガーマネジメント・ドクター ブログ~

良質な睡眠と感情整理術で人生が変わる! アンガーマネジメント・コンサルタントでもある睡眠専門医が快適生活のためのヒントを伝授します。

怒りたいことが 怒ること

f:id:angerdoctor:20160802075819j:plain

こんにちは❣ 勇気と希望のアンガーマネジメント・ドクター、ひこにゃんです。今回もよろしくお願い致しますm(_ _)m

 

ブログをお読みの皆さんに、一つおわびがあります。んん? 何々? 何かやらかした?

まあ僕はいつもやらかしてはいますが、さっき気づいたんですよ。

 

このブログ、【スリープ&アンガーマネジメントなのに、スリープの話題が1回もない!】

 

し、しまったぁぁぁ!

そろそろ読者の皆さん、僕が【睡眠認定医0239号】であることを忘れそうですよね。え? 初めて聞いたって?(T^T)

よーし、今日こそ満を持して睡眠の話・・・というのは嘘で、僕が勤める睡眠センターをネタに、やっぱりアンガーマネジメントのお話だったりして~

 

ピロロロロ♬ ピロロロロ♬

外来主任K姉さん 「はい、ひこにゃん医院です❣」

物陰からこっそりひこにゃん (お、いいねいいねえ。はきはきした受け答え。思わず受診したくなる電話応対。さすがK姉)

K姉 「はい、あ、眠っている間にいびきが大きい。はい。呼吸も止まっているようなんですねぇ」

ひこ (わお、僕の大好物の【睡眠時無呼吸症候群】の患者様からのお問い合わせ! おいでおいで、今すぐおいで、さあおいで~(^^))

K姉 「【無呼吸】の患者様ですね、はい、ではご予約を・・・」

ひこ 「ふんがぁ(≧ヘ≦) !!」

 

ええっ?

なに?

ここまでアンガーマネジメントのちょっといい話してきておいて、そんなことで怒る???

と思いましたか?

 

怒るんですよ~。

絶対怒ります。

ちゃんと理由があります。

僕は、11年前、医院に併設っていう形で、大阪南部で初の睡眠専門クリニックを作りました。お蔭さまで、今では大阪ではちょっと名の通った睡眠クリニックとして、遠くからでも患者様に訪ねていただけるし、時には大学病院からも患者様を信頼してご紹介いただけるようになっているんです。

ひこにゃん自慢の、地域ナンバーワン睡眠クリニックなんです。

その、地域ナンバーワン睡眠クリニックの、ナンバーワン外来主任が、初めての患者様からのお電話で、【病名を短縮する】っていうのは、僕にとっては絶対NGなんです。

誰が何と言おうと、【無呼吸】じゃダメなんです。【睡眠時無呼吸症候群】って、言ってほしい。それだけ、僕が大切にしていることなんですよ。

 

だから、怒ります。

自分が本当に【怒りたいことが 怒ること】だと、信じているからです。

そして、【何を怒るかは、自分しか決められない】と、信じているからです。

仮に、僕が【何に怒るか怒らないか】を機嫌とか、相手との上下関係とか、その場の雰囲気とかで変えてしまったら、周りの人には何が伝わるでしょう?

そう、【僕は、機嫌で・上下関係で・雰囲気で怒るかどうかを決めている】って、伝わっちゃうでしょう? それが嫌だから、本当に怒りたいことは必ず怒るって決めているんです。

 

ゴクリ・・・

怒りまっせ~

怒らない・怒ります・怒る・怒るとき・怒れば・怒ろう。さあ、怒ろう!

K姉さんちょっと怖いんで、白衣のポケットから【真っ赤なグレイトHIKONYANマスク】を取り出します。【マスクド・GH】に変身し、いざ出撃!

 

マスクドGH 「け、K姉さん!」

K姉 「はあい。あ、先生。何ですかその真っ赤なマスク?」

GH 「こ、これはね。宇宙一優秀な医療事務員さんにだけ見える魔法のマスクなんだ。まさか見えるのかい?」

K姉 「やっぱりわけわからんしw」

GH 「あのね、僕、初めてお電話くれた睡眠時無呼吸症候群の患者さんに、無呼吸って略語使うの、嫌なんです」

K姉 「え? そうなんですか?」

GH 「うちは南大阪で一番の睡眠クリニックやって、僕は思ってるんです。そこのナンバーワン事務員が、初めての患者さんからのお電話に病名を略して言うのは、僕にはNGやねん」

K 姉 「あ、なるほど」

GH 「初めての方だけでええから、次からは面倒やけど【睡眠時無呼吸症候群】って言うてもらえません?」

K姉 「もちろん大丈夫ですよ(^^)v まさか先生、そんなことのためにその真っ赤なマスク、かぶってるんですかぁ?」

GH 「いや~、姉さんとお話しするんで、照れて真っ赤になってるんですよぉ」

K姉 「はいはい(^^)」

 

ね、悪くないでしょう?

自分が本当に怒りたいことは、怒っていいんです。むしろ、怒りたいことは、自分の機嫌や相手との関係に左右されずに怒った方が、本当に伝えたい【それは自分にはNG】ってことが正しく伝わります。もちろん、怒り方はありますよ。上手な怒り方も、このブログでご紹介しますので、どうぞお楽しみに(^O^)/*

【怒りたいことが 怒ること】できそうなことから、試してみてくださいね(^^)

これからも、勇気と希望のアンガーマネジメントをお伝えしていきます❣

最後までお読みいただき、ありがとうございましたm(__)m