スリープ&アンガーマネジメント ~勇気と希望のアンガーマネジメント・ドクター ブログ~

良質な睡眠と感情整理術で人生が変わる! アンガーマネジメント・コンサルタントでもある睡眠専門医が快適生活のためのヒントを伝授します。

愚痴は1回だけ

f:id:angerdoctor:20160903090913j:plain

こんにちは❣️ 勇気と希望のアンガーマネジメント・ドクター、ひこにゃんです。
久々の更新ですが、今回もよろしくお願いいたしますm(_ _)m

アンガーマネジメントに出会うはるか前から、僕は割とワーカホリックなところがありまして、毎日とてもハードに働いていました。
ワーカホリックな生活をしていると余裕がなくなり、自分だけが頑張っている気になってきます。
そうすると、こんな言葉が増えてくるんですよ〜

プチひこにゃん 「あ〜もう! あのわがままな上司嫌になるわ」
「忙しいのに、他の先生の仕事まで肩がわりできへんよなー」
「聞いてや、こないだ患者さんから、めっちゃひどいこと言われてん」
そう。いわゆる【愚痴】ですね。
ある日、快調に愚痴りながら仕事していた僕のところに、当時一緒に働いていた美人看護師A美ちゃんがやってきてグサリ。

美人看護師A美 「ひこにゃん先生、そんなに愚痴ばっか言ってると、先生のこと嫌いになっちゃうよ」
プチひこにゃん 「がーん( ̄◇ ̄;)」

その頃の僕は、こんな風に思っていたんです。

・愚痴には、副作用がない。

今にして思えば、勘違いでしたねー;^_^A

数日後、見るからに落ち込んだポーズでカルテを書いている僕の前にA美ちゃんが。

A美 「ひこにゃん先生」
プチひこ 「なに?T^T」
A美 「泣いてるし」
プチひこ 「泣いてないもん!」
A美 「はいはい。先生ね、頑張ってるよね」
プチひこ 「うん…」
A美 「あたし、先生が頑張ってるの、知ってるよ」
プチひこ 「ホント?」
A美 「知ってるよ。でね。先生は、【愚痴りながら頑張ってる先生】と、【愚痴も言わずに頑張ってる先生】、どっちがかっこいいと思う?」
プチひこ 「はっ!」
A美 「あたし、かっこいい先生と仕事したいな〜」
ひこ 「ぬおおおおおお!」
A美 「なんで巨大化?」
ギガひこにゃん 「A美さん。僕な、愚痴言うのやめる! 巨大化は、僕の決意の表れです!」
A美 「ホント意味わからんし;^_^A」
ギガひこ 「A美さんは、愚痴りたくなったらどうするの?」
A美 「愚痴るよ。でも、決めてるの。どんなことでも、【愚痴は1回だけ】ってね」
ギガひこ 「え? なんで1回?」
A美 「え? 知らんの? 【愚痴】ってのはね…」

実は、【愚痴】には3つの重大な副作用があります。
1番目が依存性。【愚痴】を言うことでストレスを発散してるというよりは、【愚痴】をいうのに慣れきってしまい、言わないと禁断症状が出てイライラする、というのが本当のところです。タバコやお酒と同じなんです。
2番目。【愚痴】は、実は【反復学習】です。僕たちって、英単語なんかを暗記する時って、その単語を何度も声に出して、書いて覚えますよね。愚痴を言うってことは、これと同じ効果があります。嫌な体験を反復学習し、記憶に定着させようとしているのと同じことなんです。嫌なことなのにわざわざ暗記する努力するなんて、アホらしいですよね。
3番目が【孤立】の副作用。【愚痴】ばかり言っている人のそばにはずっといたくないですよね。愚痴を言っている間に、気づいたらまわりから人がいなくなってしまいます。

A美 「だからね、【愚痴】は言わんの。どうしても言わんと気がすまない時には、1回だけって決めとくの。【愚痴は1回だけ】って決めとくと、実際には1回も言わなくて済むことがほとんどよ」
ギガひこ 「そうなんやー。もし【愚痴は1回だけ】で済ませられたら、A美さん、巨大化した僕でも愛してくれる?」
A美 「ざんねーん❣️ あたしが愛してるのはダンナとおチビだけよ〜」

忘れてた! A美ちゃん、子持ち人妻美人看護師やった〜;^_^A
本当の意味で僕が【愚痴の副作用】から解放されるには、まだもう少し時間がかかるのですが、今から思えばこのA美ちゃんのありがた〜いお説教が、僕が自分を変えてみたいと思うきっかけになったのかな、と思っています。
言いたくなっても、【愚痴は1回だけ】。大事な場面で思い出してくださいねー(^^)
これからも勇気と希望のアンガーマネジメントをお伝えしていきますね❣️
最後までお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _)m