スリープ&アンガーマネジメント ~勇気と希望のアンガーマネジメント・ドクター ブログ~

良質な睡眠と感情整理術で人生が変わる! アンガーマネジメント・コンサルタントでもある睡眠専門医が快適生活のためのヒントを伝授します。

パターン崩し

f:id:angerdoctor:20180124080603j:plain

こんにちは❣ 勇気と希望のアンガーマネジメント・ドクター、ひこにゃんです。
昨日は関東地方も大雪で大変だったようですね。
幸い僕は関西に住んでいて雪は降りませんでしたが、ニュースを見ながら思い出しました。
数年前、僕の住んでいる地域でも雪が積もったっけ・・・

その時は、せいぜい10センチ程度の積雪で、豪雪地帯にお住まいの方からしたらなんていうことないと思うのですが、僕らにとっては何年かに一回しかないような積もり方でしたので、まさに大パニックでした。
当時は、クリニックの駐車場に入るには1メートルくらいのスロープを上る必要がありました。
普段なら何ていうことのないスロープです。アクセルひと踏みで登れます。
ところが、その日は勝手が違いました。
たった10センチ程度でも雪があると、もうダメです。
1ミリたりとも登れません。
逆に、車は坂を滑り落ちてしまいます。危ない!
僕のクリニックは郊外にあります。バスもありますが、自家用車で来るのが一番便利なところです。
こんな日にクリニックまでたどり着ける方は少数でしょうが、かといってせっかくたどり着いてもこれでは駐車場に入れないじゃないですか! 事故を起こしたりしたら大変だし。
結局この日は、来ないかもしれない患者さん用の駐車場の雪かきに午前中を費やすことになったのでした(^^;;
・・・ヒイヒイ言いながら雪かきしている僕に、通りすがりの患者さんが一言。

患者さん「ひこにゃん先生、雪かき職人に転職でっか?」
ひこにゃん「そうですねん! 大雪が降ったら雇ってください!」
患者さん「雇いまっせ。次が何年後かわからんけどな~」
がはは!

さてさて。
汗だくで雪かきをしながら、このことをアンガーマネジメント的に考えます。
僕たちって、予想外のことに遭遇すると気持ちが動きますよね。
「こうなるはず」って予想していることが目の前で裏切られると、僕たちの感情は動きます。
いい方向に裏切られたら嬉しいかもしれませんが、嫌な方向に裏切られると、時には感情が「怒り」に向けて動き出します。
裏切られ方が大きければ大きいほど、つまり予想外の幅が大きいほど、感情の動き方は大きいのが普通です。
嫌な方向に大きく予想を裏切られると、僕らは怒りやすくなるんです。

ちょっとした「予想外」で感情が動くことは、感受性が豊かって言うことで、良いことです。
とはいえ、予想外のことがあっても動じないのは、強いメンタルを持っているともいえます。

実は、メンタルを鍛えるのに最適なトレーニングがあります。

普段の生活の中に、ちょっとした変化を取り入れることです。
僕たちの脳は面倒くさがりなので、なるべく楽をしようと、生活をパターン化しようとします。
毎日をパターン化して同じように生活することは、脳にとっては楽なことです。
半面、パターン化しすぎると、ちょっとした変化があると「予想外」と感じて大きく感情が動き、時にはこれが「怒り」という形をとります。
雪が降らないことに慣れ切った都市が、ちょっとした雪ですぐにパニックになるのと同じですね。
ちょっとした変化を取り入れることを心がけると、「予想外」に動じにくくなり、ちょっとしたことで無駄に怒ることが少なくなります。
都市に例えれば、大雪じゃない程度の雪を、時々わざと降らせておくようなものです。
そうすれば、むやみにパニクらずに済むでしょう?

ちょっとしたことで、いいんですよ。
・いつもと違うランチメニューを注文する
・いつもの道の一本横の道を通って出勤(帰宅)する
・「おはよう」を「おっはよ~❣」に変えてみる
・(                              )
・(                              )
 ↑↑↑やれそうなことがあったら、書きこんでみてね!

時々、ちょっとした【パターン崩し】をしてみると、強いメンタルが作れますよ!
よかったら、やってみてください(^^)

これからも、マイペースにアンガーマネジメントをお伝えしていきますね。
ではまた❣