スリープ&アンガーマネジメント ~勇気と希望のアンガーマネジメント・ドクター ブログ~

良質な睡眠と感情整理術で人生が変わる! アンガーマネジメント・コンサルタントでもある睡眠専門医が快適生活のためのヒントを伝授します。

握った時ほど

f:id:angerdoctor:20180208052155j:plain

こんにちは❣ 
洗い立ての白衣でピシッと決めて、午前の外来4時間終了。
良い仕事したな、と心地よい疲れに身を任せていたら、女神様から一言。
「白衣にクリーニングのタグ付いたままやで」
いっそ殺せ、という心境の、勇気と希望のアンガーマネジメント・ドクター、ひこにゃんです。

オレンジ色のタグを泣きながら外して、しみじみ白衣を見ます。
それにしても、クリーニングのタグ付きでも通用する、医者の白衣の威力って、よく考えたらすごいですよね。
患者さんから見ると、医者って、診察室で会うのとその辺の道端で会うのと、まったく印象違うみたいです。

診察室で爽やかな白衣のひこにゃんドクターと会って…
「なんて優しくてステキな先生😍」

道端でジャージ姿のひこにゃんを見て…
「うわ。おっさん、ヤバイで。悪い意味で😥」

何という扱いの差…
分かってます。ええ分かってますとも。
あたしの魅力は白衣が9割ですよ~だ(T . T)

…とはいえ、実はこの扱いの差は、僕本体の魅力のなさだけが原因でもないらしいんです。
白衣を身にまとった時のお医者さんは、実際落ち着いて堂々とした態度になり、お医者さんらしく振舞う傾向があり、彼のキャラ自体が変化する。これによって患者さんの信頼感が高まる、という効果もあるんです。
これ、心理学的には【ドレス効果】と言い、警察官とか消防士さんが勇敢になれるのも、勇敢な人たちが着る制服を身にまとっているから、という面が少なからずあるんですって。
いや〜、少し安心した(^^)

さて、このドレス効果。制服を着た時だけに現れるわけではなく、権力とか物理的な強さに守られている時にも現れやすくなります。
そう。
時々いますよね、ハンドルを握ると性格が変わる人。
少年ジャンプで40年以上続いた人気マンガの『こちら葛飾区亀有公園前派出所』に、制服と白バイのドレス効果を最大限に発揮したような機動隊員が登場します。そう、H田巡査です。
このH田さん、普段は気弱で、ちょっとしたことで怯えたり泣いたりするのに、一度白バイにまたがると、顔つき、言葉遣い、行動の全てが正反対になって、狂暴なキャラに大変身。時には大活躍・時には大失敗をやらかします。
マンガだだったら爆笑ですが、こんな機動隊員が本当にいたら実際ヤバそうです、悪い意味で😥
H田さんほどではなくても、ハンドルを握ると必要以上に怒りっぽくなったり攻撃的になったりする人は、皆さんの周りにもいるんじゃないでしょうか?
運転中に怒りが強く出やすい理由として、自分が強くなった気がするこの【ドレス効果】に加えて、スピードが出ているだけでも心拍数や血圧が上がって攻撃的な状態になること、特に自家用車では周りから自分の顔が見えず匿名性が高いことなどが挙げられています。
運転中にほかの車に追い越されたり割り込まれたりしたことに腹を立てて過剰な仕返し行動に出ることを【ロードレイジ】と言います。
米国では自動車運転中のトラブルが銃殺事件にまで発展することもあり、30年以上前からロードレイジを社会問題として取り扱うようになっています。日本では2017年6月に東名高速道路のサービスエリアで発生したトラブルから被害者夫婦が別のトラックに轢かれて亡くなるという悲惨極まる事件が発生してから、一気にロードレイジに対する関心が高まっています。まだまだこれからですね。

日本よりロードレイジ対策が進んでいる米国運輸局では、危険運転やロードレイジの対策として、こんなことを勧めています。
・時間に余裕を持つ
・割り込まない
・追い越し車線でゆっくり走らない
・あおらない
・ほかの車を挑発しない
・クラクションを鳴らさない
・危ない車は先に行かせる
そして、危険運転やロードレイジの被害者になりそうなときには、とにかく相手とかかわらず、先に行かせたり、その場を離れることが一番、と勧められています。心がけたいものですね!

僕が所属する一般社団法人日本アンガーマネジメント協会でも、2018年1月24日(水)~2月23日(金)の30日間、ロードレイジ撲滅キャンペーンを実施しています。

「ロードレイジ撲滅プロジェクト」クラウドファンディング
https://readyfor.jp/projects/angermanagement

【ドレス効果】は、僕たちをステキな人😍にも悪い意味でヤバい人😥にも変える可能性があります。
ハンドルを【握った時ほど】、素敵なドレス効果をまとえるように、意識しましょうね❣
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
これからも勇気と希望のアンガーマネジメントをお伝えしていきますね(^^)