スリープ&アンガーマネジメント ~勇気と希望のアンガーマネジメント・ドクター ブログ~

良質な睡眠と感情整理術で人生が変わる! アンガーマネジメント・コンサルタントでもある睡眠専門医が快適生活のためのヒントを伝授します。

バイキング卒業

f:id:angerdoctor:20180215062246j:plain

こんにちは❢
笑顔の練習をしようと、鏡の前で歯ブラシを握ってニヤ~っとしてたら・・・
後ろで見ていた天使2号が一言。

キモイで!

笑顔と同時に、アンガーマネジメントの練習までできてしまった!
勇気と希望のアンガーマネジメント・ドクター、ひこにゃんです。

僕はもともと、自他ともに認める大食いです。
・1週間分のつもりで作ったカレーを、一夜にして胃袋に収めた。
・鍋パーティーの準備をし、インフルエンザ流行で中止になったので、一人鍋パーティーで5人分を完食した。
・一人で回転寿司に食べに行き、お金を払おうとしたら、「お勘定はご一緒で? 別々で?」と聞かれた。
日々、様々な都市伝説を作りながら、全国津々浦々を渡り歩いております。
大食いは赤ちゃんの時からだったらしく、グレート・ひこにゃん・マザー(要するにオカン)からは、
「あんたが初めて覚えた言葉は、『おかわり』やったわ!」
との衝撃的な証言も得ております。

そんな僕ですから、もともとは【バイキング】形式のレストランを愛用しておりました。
バイキング会場で、でっかいプレートを手にするやいなや、お料理コーナーの右から左まですべての食材をゲットすべく、プレートの端から端まで隙間なくお料理を並べ、最初のプレートがいっぱいになったらもう1枚手に取って、改めて隅から隅までお料理を取り込みます。
係のお姉さんに、
「あら、ご家族の分も取ってあげてるのね。優しいひと💛」
と誤解されつつ、実は一人で平らげる。
平らげたら2週目に突入する。
ドリンクバーでは、とりあえずサーバーからグラスに注いでその場で1杯目を飲み干し、2杯目と3杯目をテーブルに持ち帰る。

まさに、飢えた狼(笑)
気がつくと、変形した胃袋でまっすぐ歩けず、若干反り返り気味の姿勢でレジに向かうひこにゃんが、そこにはおりました。

今でこそ笑い話ですが、正直こういう自分が、僕はちょっと嫌でした。
その時本当に食べたかったかどうかわからないお料理を、「どれだけ食べても同じ金額だから」というだけの理由で衝動的に取り込んで、取り込んだからには食べきらないと負け、みたいな気分になって必死になって食べて、後から気持ち悪くなって後悔する。
・・・よく見たら、何かに似ていませんか?
自分が本当に怒りたかったかどうかわからないことに、「怒らないと負けたような気がする」というだけの理由で衝動的に怒り、怒ったからには勝たないとダメ、みたいな気分になって必死になって争い、後から嫌な気持ちになって後悔する。

・・・ほら、ね?
実は、食べ放題・バイキングでむきになって食べまくったり、安売りのセール品を必死で買いあさる心理は、アンガーマネジメントに失敗する心の仕組みと共通しています。
まず、衝動性。
今すぐ食べないと・買わないと他の誰かに食べられそう・買われそうだから、考えずに食べる・買う。
実はこれ、自分を怒らせた相手に今すぐ仕返ししないと逃げられそうだから、考えずに怒る、という心理と同じです。
タイムセールで怒鳴り合いになっている場面、時々テレビとかで見かけますよね。
あれ、買い物で衝動的になると、実際の感情としても怒りっぽくなるっていう見事な証拠です。
次に、価値観。
食べ放題・バイキング・セール品を利用するとき、僕たちの心はその商品の「価値」よりも、より安く買えたかどうかの「勝敗」に焦点を当てがちになります。違う言い方をすると「良い物かどうか」ではなく、「勝ったか負けたか」で気分が変わります。
同じように、目の前で見た出来事に「怒る価値があるかどうか」ではなく、「怒ることで勝てるかどうか」に注意が向くと、自分が本当は何に怒りたかったのかが、よくわからなくなってしまいます。自分の価値観がわからなくなるんです。
アンガーマネジメントで一番大事なのは、怒らなくなることではなく、自分の価値観を知って、自分が本当に怒りたいことを怒れるようになることです。
「勝ち負け」ばかりに目が行くと、大事なものが見えなくなって、意味のないことにばかり腹を立てるようになってしまいます。これこそが、アンガーマネジメントの失敗です。
最後に、後悔。
衝動的に、勝ち負けで食べてしまう・買ってしまうと、自分が本当は食べたくもなければ買いたくもないものに手を出して、後から後悔することになります。
この後悔の気持ちを一時的にやわらげるために、僕たちはとても不思議な行動をとります。
不思議な行動とは、【やり慣れた方法】を使うことです。
そう、衝動的に食べたり、買ったりするのです。
ストレス食い・衝動買いというやつですね。
そして、また後悔・・・を繰り返すのです。
怒りも同じです。衝動的に、怒りたくもないものに怒ると、後悔します。後悔でモヤモヤした感情は、次の衝動的な怒りの燃料になります。

アンガーマネジメントを学んでから、僕は食べ放題通いとセール品狙いをやめました。
相変わらず大食いですが、本当に食べたいと思ったら、赤ちゃんの時と同じように、ちゃんと「おかわり!」って言ったらいいんです。忘れてました(笑)
セール品の服を買うのをやめて、欲しい服を、少しだけ買うようになりました。そうしたら、「かっこいい服ですね」と言われることが、少しだけ増えてきました。相変わらず服のセンスには全く自信ありませんが(^^;;
そして、いつの間にか無駄なことで怒ることが減りました。
多分、本当に大事なものにこそ、【怒り】という、限りある大切な感情の資源を使おうと思うようになったからでしょう。
もちろん、バイキング・食べ放題・セール品には、ちゃんとした価値があると思います。とはいえ、それを利用する僕たちの心のありようは、見直してみてもいいかもしれませんね。

と、良いことを書いているつもりになってたら、僕の足元を見た女神さまから、トドメの一言。

「ええこと書いてるところ悪いけど、パパの靴下、3足1000円のセール品やで」

ぐはっ!
これからも、勇気と希望のアンガーマネジメントを、お伝えしていきますね❢