スリープ&アンガーマネジメント ~勇気と希望のアンガーマネジメント・ドクター ブログ~

良質な睡眠と感情整理術で人生が変わる! アンガーマネジメント・コンサルタントでもある睡眠専門医が快適生活のためのヒントを伝授します。

知ってるつもり!?

f:id:angerdoctor:20180223080129j:plain

こんにちは❣

2か月前から書きためている朝日記を読み返そうと思ったが。

自分の字が達筆すぎて、まったく何書いているかわからない。

習字おけいこ中の、勇気と希望のアンガーマネジメント・ドクター、ひこにゃんです。

 

今日は、ちょっと変なことをお願いしたいんです。

写真に写っている果物、何かわりますか?

ひっかけじゃありませんよ。普通に答えてください。

そうそう、「ぶどう」ですよね。

皆さん、「ぶどう」よく知ってますよね。

見たことありますよね。

ほとんどの方は、食べたこともあるでしょう。

美味しいですよね! 僕のクリニックの近所が実は隠れた「ぶどう」の名産地でして、毎年収穫時期が楽しみだったりもします。

さて、今日は皆さんご存知のこの「ぶどう」というものを、ひょっとしたら皆さんが本当はよく理解していないかもしれない、というお話です。

そんなことないって? 「ぶどう」くらい、よく理解している?

うんうん。

では、お願いがあります。

紙を用意して。

ペンを手に取って。

書いてもらいたいんです。

「ぶどう」を。

漢字で。

・・・

・・・

・・・

書けました?

なかなか難しかったんじゃありませんか?

書けた方、素晴らしい! 周りの人たちにも教えてあげてください。

書けなかった方、大丈夫。言っている僕が、さっきまで書けませんでした(^^;;

本当はこれ、皆さんの漢字力を試すことが目的じゃありません。

「ぶどう」の漢字が書けないっていうのが、僕たちが「怒り」を理解していないということと、実はよく似ていることに気づいていただきたいんです。

僕たちは「ぶどう」をよく知っています。見たことあるし、食べたこともある。

それどころか、テレビとかネットとか本とかで「ぶどう」が漢字で書いてあったら、読める人も多いですよね。

ところが、「ぶどう」の漢字の形を細部までしっかり理解していないから、いざとなると書けない。

「怒り」も身の回りにあふれているので、見たらわかるし、知っているつもりになっている。でも、細かいところまで理解していないから、扱えない。

お伝えしたいことは3つあります。

1番目。「ぶどう」が書けないのは当たり前です。習っておらず、理解していませんからね。

「怒り」が扱えないのも普通です。「怒り」について習っておらず、理解してないのですから。

2番目。大丈夫、「ぶどう」って、すぐ書けるようになります。調べて、さっき準備した紙とペンで20回くらい書いたら、すぐに覚えます。

「怒り」も同じです。「怒り」について理解して、扱う練習をしたらすぐにうまく扱えるようになります。これがアンガーマネジメントです。

3番目。「ぶどう」を今日練習して書けるようになって、その後1年間、二度と書かなかったらどうなるでしょう? たぶん、多くの人が忘れてしまいますね。

「怒り」も同じです。アンガーマネジメントにはいろんな役立つ技がありますが、それを学んだだけで二度と使わなかったら、やっぱり「怒り」が扱えない状態に戻ります。

怒りを取り扱う技術にはいろんなものがあります。でも、取り扱う技術を知っているだけでは使えません。いろんな技術の中で、自分に合ったやり方をしっかり理解して、実践を続けることが、一番大事なんですよね!

いい加減気持ち悪いですよね。

はい、答えです。

「ぶとう」の漢字は、「葡萄」です。

1年後も、覚えているといいですね(^^)

これからも、勇気と希望のアンガーマネジメントを、ゆるりとお伝えしていきますので、ぜひご覧くださいね❣